リロケーションとは何か?

ちょっと聞きなれない言葉ですが、リロケーションという言葉をご存知でしょうか。
リロケーションというのは移転という意味を持っていますが、一般的には転勤される方が所有している住宅などを一定の期間だけ貸し出すという意味で利用されています。
日本ではあまりなじみのない言葉でしたが、海外では転勤の際の様々な手続きをリロケーションという言葉で表しています。

日本では海外に赴任するという事が決まったという場合でも、航空券の手配、ピザの取得、さらに税金やお子さんの教育等、会社の総務部が行う、若しくは自分で行う事が多いので、リロケーションというと転勤の際に所有している持ち家を賃貸する事を差、海外とはちょっと意味が変わってきます。
つまり海外は転勤等の手続きプラス住宅賃貸、売却の手配などトータルでリロケーションと呼ぶことが多く、日本では住宅の賃貸、売却という事だけについてリロケーションというのです。

最近は日本のサラリーマン、またOLさんたちも海外転勤することが珍しい事ではなくなってきています。
欧米諸国、アジア各国、様々な地域へ海外転勤をする際、ご家族がいて一軒家を所有されているとか、マンションを購入されている場合、リロケーションを実施し家賃収入を得るのもいい収入となるのではないでしょうか。

住宅は人が済まなくなると傷みます。
せっかく購入したマイホームが傷むことのないように、信頼ある企業に依頼し、リロケーション物件として借りてくれる人を見つけてもらいましょう。
当サイトはリロケーション物件について、またリロケーションを行う業者についてお知らせします。
このサイトが皆様のお力に慣れたら幸いです。

Copyright © 2014 転勤が多いなら欠かせないリロケーション All Rights Reserved.